【作ってみた】鶏むね肉と長ネギのねぎま風炒めを作ってみました

MR.ITAZUスタッフ調理見習の金森です。

今回は「一生使えるつくりおきBEST」の8位である鶏むね肉と長ネギのねぎま風炒めを作りたいとおもいます。今回お世話になる本はこの本。125種類ものレシピが載っています。さすがスガさん。誰かは存じ上げませんが、調理のプロの先輩として尊敬しています。


一生使えるつくりおきBEST (扶桑社ムック)

鶏むね肉と長ネギのねぎま風炒め

・鶏むね肉1枚(一人分)200g
・長ネギ半本
・片栗粉適当
・サラダ油適当
【調味料】
醤油・さとう・みりん

これは簡単そうです。調味料も少なくて間違えようがないぃぃ!(片栗粉入れるの忘れました)

まずはネギを切りまくります。お味噌汁も飲みたいので、ネギをこれでもかというぐらいに切っていきたいと思います。そんなに切ってなくてすみません。

鶏むね肉用のネギと、お味噌汁用のネギと大根です。お味噌汁用のネギは凄い少ないんですが、これ冷蔵庫にもネギが切ったのがあったので、追加でぶっこんで行きました。ネギ大好きです。もうネギと一生暮らしてもいいとさえ思っています。

次は鶏むね肉です。

こいつぁ活きがいいぜ!おいしそうな鶏肉ですね~。これをぶった切っていきます。そしてこの鶏肉と長ネギ、調味料である醤油、みりん、砂糖を加えていきます。お味噌汁と同時作業が求められるので、厨房は大忙し。厨房スタッフも2~3人ぐらいいないと回りません。

ネギだらけやな。。調理している時に撮影も忙しいのでピンボケも仕方ないですね。いや仕方ないですね。大事なことなんで二回言いました。

右のフライパンに調味料をぶっこむだけなんで非常に楽です。あっという間に出来ました。お味噌汁は昆布出汁を取っているんですが、やっぱり美味しいですね~。

はいっ出来ました!

相変わらず美味しそうに撮ることが絶望的に下手ですね。この出汁をとったお味噌汁なんですが、全部飲みきれなくても次の日のお味噌汁にも使えますし、深夜お腹が空いたときに、ごはんを中に入れて雑炊のような感じで食べるのもGoodです。実はこの記事書いている今もこの雑炊を食べています。写メ映えしないので映していませんが。。

醤油、みりん、砂糖というシンプルなタレですが、私の場合辛いのが好きなので、常にホールの唐辛子を入れるようにしています。上の画像も少し唐辛子を混ぜてますよね。ちょっぴり辛いぐらいがいいかなと思いました。