【作ってみた】ペペロンチーノの決め手はアレだった!!

MR.ITAZUスタッフ調理見習の金森です。

スパゲティー大好きで365日中700回ぐらいは食べたいです。スパゲティーは自分でもお手軽に出来て非常に楽な料理です。家で作れるのはホントにありがたい!

最近ではレンチンするだけで凄くクオリティーの高いものがあるので、こっちで良いは良いんですが調理をしたほうがやはり味がうまくなるのは当然っ!ってことで今回はペペロンチーノをガチで作ってみたいと思います(^^)/

使う食材と調味料はたったこれだけ

・パスタ(1.4mm~1.6mm)
・唐辛子(ホール)⇒辛いのが好きだからホールです
・塩
・オリーブオイル(なんでもよし)
・にんにく半欠片
・ほうれん草
・ベーコン

うーん、自分で書いててビビりますがこんなんでめっちゃ美味しいペペロンチーノが出来てしまうんですよね。。

ポイントはオリーブオイルの量と塩加減。塩はパスタに味を付けるために結構な量が必要です。ただ入れすぎると塩が多すぎて気が狂いそうになるので要注意です。でも自分がこれ入れすぎじゃね?ぐらいでちょうど良いかもしれません。この塩が少ないとパスタを食べている感がしません。

※画像の塩は調子に乗って入れすぎました。。もうちょっと少ないほうが良いです。これ多分水に対して3%ぐらい入ってそう。1%ぐらいでいいです。

おうちにはパスタを茹でる大きな鍋がないため、パスタの上の方を常に持ち上げていなければならず熱くてやけどしそうです。

たっぷりの水をぐつぐつ茹で、まずはほうれん草をしんなりさせます。冷水で冷やして置き水切りをしてとりあえず置いときます。ほうれん草君はまたあとで活躍します。(忘れそうになりました)

そのあとぐつぐつの水に大量の塩をぶっかけます。もう塩水といわんばかりの量です。入れすぎ注意ですがここは覚悟を決めることが大事です。

パスタを茹でるのと同時にたれを作ります。切っておいたニンニクとオリーブオイルを掛け合わせ火にかけます。ここでオリーブオイルも気持ち多めで、というかガッツリ多めの方がパスタに絡むのでそっちのほうが良いです。

もうおいしそうです。もうこのニンニクを全部食べたい。ここでゆで汁を入れていきます。その後もしニンニクが余っていたら、みじん切りしてここにぶっこんでもオーケーです。ついでにここで唐辛子をぶっこんでいきます。唐辛子に関しては後の方が風味が伝わるのでこっちの方が良いかと思います。

包丁きったねぇ…

いい感じにニンニクとオリーブオイル、そして唐辛子が混ざった状態でベーコンを入れていきます。そして忘れかけのほうれん草を一緒に入れてやります。キャベツなどを入れても良いかなと思います!出来上がったパスタを絡ませて完成です!

見て!全然おいしそうに見えないぃぃ。だけどこれかなり美味しいです。後ろの方に足りなくて肉を焼いてしまったのがあります。。ベーコンがてかてかしていると思いますがこのぐらいオリーブオイルをガッツリ入れたほうがいいです!ペペロンチーノの一番重要な点は一に塩。二にオリーブオイルの量で決まる!と言っても過言ではないです。