あんまり広めたくない地元民が教える沖縄の食事美味しい店厳選4選!

MR.ITAZUスタッフの松田です!

今回は那覇市内住みの私がここは絶対行っとけ!というおススメする飲食店をピックアップ。他のサイトでは中々出てくることはないであろう情報をここに辿り着いた人だけに教えちゃおうと思います。(発信力無いので大丈夫!)

糸満漁民食堂

お店のサイトはなく、Facebookのみです。食べログやヒトサラに掲載されていますが、他のお店と比べるとまあまあ普通かなといった印象ですよね。これ一回来たら分かりますが、地元民では何度も来る人が多くて、ランチの時はまず普通には入れません。常に行列です。ほんとに教えたくない店なんですが、知っている人はどこから情報を仕入れてくるのか、外国の人も来たりするんですよね~。糸満なのであんまり場所的にも行きやすい場所ではないんですがね。

外観が凄くおしゃれでかなりお金使っていると思います。ランチは2000円ぐらいの揚げ魚のセットを頼むのが一般的。ぐらいといったのは魚の種類によって値段が変わるからです。安い魚であれば1500円ぐらいで抑えられるかなと思いますが、折角ですからビタローなど高級魚を頼んだほうが良いですね!この揚げ魚のバター焼きを食べたらもう…。

沖縄そばと海産物料理の店 楚辺

これなんか失敗しそうな名前なんですが…めっちゃくっちゃ美味しいです。ていうか後半の「海産物料理の」って要らなかったんじゃないだろうか、、「沖縄そば楚辺」で十分だと思われ。ですがここのソーキは一度食べたら病みつきになります。ソーキがとんでもなく大きく、とんでもなく柔らかい。

常連客が多いのか、近くにくるとここだぜ!ってアピールする看板?みたいなものがあります。駐車場はバカ広いです。このお店も皆さんどっから仕入れてくるのか、常にいっぱい。古民家みたいなたたずまいで、付近は閑静な住宅街の中でふと湧いてきた古民家のソバ屋さんなんですが、中では人、人、人!一回食べてみたい沖縄そば屋さんですね~。

フィッシャーマンズクラブ

国際通りのずーと奥にいったところにあるフランス料理のお店です。ここのクオリティーは凄いです。とにかく手間の割に安すぎ。一つ一つの料理に魂がこもっていて、いつ行っても新しい食材が出てきます。魚のムニエルとかマグロのカルパッチョとか最高です。んで値段は驚きの税込1500円。やりすぎです。オーナーさんも良い人で、元々フィッシャーマンズは糸満にあったそうなんですが、こちらに移転してきたそうです。このお店は正直ホント広めたくないですね。。

美乃作

こちらもまず紹介されることがないかなと思います。前島の方に佇む焼き肉屋さんなんですが、ここは地元の人たちがとにかく死ぬほどループするんです。

それもそのはず、営業時間が朝の5時ごろまでやっているということで、近くのクラブやキャバの人たちもここに食べにくるんです。昔ながらの昭和な焼き肉屋さんで、焼き鳥も同時に頼めます。この店舗に安心するおばちゃんもいて、凄く安心感のある焼き肉屋さんで愛されています。またこの記事を書いているのがコロナウイルス真っ最中なんですが、おばちゃん曰く「あんまり影響ないねぇ、、」とのこと。地元強すぎ。

食べログの判断ではまず行くのが後回しになってしまうお店たちですが、上記に上げたところは間違いなく、☆マックスクラスの店舗達です。もしこのブログを偶然見つけて、上記のお店を言ったら満足できると思います。良い沖縄の思いで作りに役立てて下さいね!


沖縄そばと海産物料理の