沖縄そばとソーキそば、食べるならどっちがおすすめ?

沖縄料理体験型アクティビティ MR.ITAZUスタッフブログ 肉を煮てる時間に鬼滅の刃を観てる松田です!

今回は沖縄そばについて!沖縄そばは有名だけど、ついでによく聞くのがソーキそばです。これの違いって何??って事で解説していきましょう〜。

沖縄そばとソーキそばの違い

沖縄そば自体の名称は、大きな括りでの説明なので、ソーキソバもホントは沖縄そばなのです。ただ敢えて分けて書くなら三枚肉そば=沖縄そばというイメージで良いかと思います。大きな違いは、三枚肉か豚のスペアリブ(豚のアバラ)かどうかの違いなんですね!

三枚肉ってのは皮と脂身と赤身揃った3層の肉のこと。沖縄ではラフテーとも言われます。

(沖縄の代表的なラフテー。これに和からしを横に乗せて食べます)

一方、コリコリした軟骨みたいなやつが入っていればこれソーキです。ちなみにソーキには2種類あって、食べれないガチの骨付きソーキと骨までまだ食べれるソーキがあるんです。ソーキそばの方が人気が高いですっ!

(沖縄の代表的なソーキ。ワサビがいい感じに合うぜ!)

ちなみにうちの教室ではソーキを使う事の方が多いです。海外の人や本土のなどでもわかりやすく表記するために沖縄そばで統一してます。一般的なお店食べる場合は、大体ソーキの方が100円ぐらい高いです。私はどちらがいいかと言われたらソーキをオススメしますね。

沖縄県ではスーパーマーケットで売ってるぞ!

県内ではどこのスーパーマーケットでもこのソーキや3枚肉が売っています。それぐらいポピュラーなもんです。

ちなみにですが、沖縄県内のスーパーマーケットは、りうぼう、かねひで、サンエーが主流です。マックスバリューもありますね。沖縄県の人は夜中うろつく事が多いので(昼間暑いから)24hやっているスーパーも珍しくありません。ちなみに沖縄そばのだしも色々売っていますので、沖縄そばコーナーを見ると本土とは違ったコーナーが用意されていることがわかりますよ!

更にちなみに沖縄ではフルーツが盛んですので県内でしかとれないフルーツも置いてあることがあります。見つけたら要チェックやで!(゚∀゚)

出汁は自分で作る?

沖縄の人は、沖縄そば作るんでしょ?とたまに県外の人に聞かれる事があるんですが、基本的に県内の人は自分で沖縄そば作ったりしません!笑

本土でも蕎麦を自分で作る人って、たまに趣味でいたりするでしょう?それぐらいの割合ですね。そもそも沖縄そばのお店は沖縄県であれば、コンビニの如く数が多いので、お出汁をいちいち作る事をせず、近くのお店で食べることも多いですが、自分で出汁を作るとしたら、豚の煮込みをコトコト最低でも2〜3時間かけてやらないとあかんのです。

出汁の取り方は基本的なやり方が決まっていて、豚骨と鰹節で基本的にはやっていきます。ここに醤油や生姜、砂糖など加えてコトコト…って感じです。大変です。いやです。

ですんで、沖縄そばの専門店で沢山お客さんに出すところの方が圧倒的にコスパに合っているので、自分で作ったりは基本しないですね。

沖縄そばは専門店で食えっ!

沖縄そばは、ラーメンと違って基本的にどのお店で食べても大きく違う!ということはありません。味はどこも大体似通ってきます。

「なーんだ!」と思いましたか?

出汁の違いはそこまでありませんが、ソーキの出来などの違いはあります。また麺の太さとかそういう細かいものは地域差があります。でも味に関わるもので言えば大きく違うってことはないですね。

さてさてそんなソーキの美味しいお店をご紹介しますと、那覇市内で隠れ家的スポットの「沖縄そばと海産物料理の店 楚辺」ですね。超おススメです。マジでうまいです。


http://sobe.main.jp

店名こそ一般的ですが、連日満席の知る人ぞ知る沖縄そばの名店です。中は古民家を改造したような店舗で沖縄らしさを感じる事が出来ます。ここでのオススメはやはりソーキソバ。リーズナブルな値段でガチソーキの方を食べれます。びっくりするようなサイズで来るので、行ってみると良いですよ。ちなみにここは閑静な住宅地の中にあるので、結構見つけにくいです。ただ駐車場は広く、お店の数倍の広さです笑