沖縄在住者が使う初デートで使いたい沖縄のデートコースを紹介!

沖縄料理体験型アクティビティ MR.ITAZUスタッフブログ 初デートの時がいつだったか覚えていない松田です!

沖縄と言えば綺麗な海!ビーチ!ですが、県民はあまり海には行かないという沖縄在住者あるあるがあります。

海で泳いでいるのは大体が観光の人だったりするんですね。日中は暑いことが県民は分かっているので、強い日差しの影響を受ける日中での海デートは汗もかいてしまいますし非常に宜しくありません。アジア圏の海外の人も大体同じで暑い国ほど外へ歩いたりしません。出来る限りクーラーのガンガン聞いたお部屋でいることも多いんですよ。

さて今回は、沖縄に観光で来た人たちに向けて、沖縄在住者視点で那覇在住の県民風のデートコースを実体験風でご紹介します。

7:00  起床、念入りに化粧、服のコーデ

9:00 待ち合わせ&車ドライブ

9:30 沖縄ワールド到着

https://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

沖縄ワールドは、沖縄屈指の観光スポットで、混まない内に朝行くのが吉です。料金はフリーパス(玉泉洞・王国村・ハブ博物公園)で大人1700円です。予約でセグウェイツアーも出来ます。また余裕があれば近くにあるガンガラーの谷に行ってみましょう。こちらはツアーで2200円です。

中では、スーパーエイサーショーや熱帯フルーツ園、洞窟探検、陶器工房などもあり、これだけでも楽しめますが、毎日開催しているハブショーを体験してみましょう。ハブに触れる貴重な機会ですからこれを逃す手はないです。※ハブショーは1550円の別料金となります。

ランチを制するは沖縄を制す

12:00 糸満漁民食堂にてお昼ご飯

沖縄の知る人ぞ知る名店。食べログでも常に4を越えます。いつも行列で中々食べるまでが大変ですが、二人ならば話しながら待っているのも楽しい思い出になるでしょう。店内も非常にオシャレです。運が良ければ洞窟内での食事も可能!?夜に行くと食材が切れている可能性があるので、並びますが昼がベストです。

ここでは魚のバター焼きがおすすめ!ここのお魚を食べたら他のお店が食べられない程に美味しいです。またかなりの種類があり、迷ってしまいますが、高級魚のミーバイかアカマチが良いですね。食べた時の満足感たるやよだれが出てきそうです。ちなみにデザートもセットだと付いてきますが、ゴマアイスがおススメ!(2020年3月現在)

15:00 沖縄アウトレットモールあしびなーにてショッピング

あしびなーは、沖縄南部のアウトレットモールです。近くにはスタバや書店など色々なお店が立ち並び、非常に広い敷地なので伸び伸び出来ます。

モールはユナイテッドアローやGAP、ラコステなどのお店など沢山のお店があります。おしゃれな服や水着が盛りだくさんですので、ここで可愛い水着なんかを彼女にプレゼントしてもGood。また彼氏の方もボトムスやレギンスを新調するのもアリ。アイスクリームをなめながら、ウインドウショッピングするのもまた良いですね、理想的なコースです!

17:00 キングタコス長田店にてキングタコスをテイクアウト(沖縄県宜野湾市宜野湾3丁目1−1)

豊見城市を後にして、北谷方面へ向かいます。途中の宜野湾のキングタコス長田店に寄り、キングタコスをテイクアウトしちゃいましょう。タコライスは沖縄発祥の伝統的な料理ですが、その沖縄での発祥は、キングタコスです。とっても大きいので、一つ買って、タコスを何ピースかを買って分け合っても良いかも!※長田店はテイクアウト専門店になりました。

18:00 美浜アメリカンビレッジにてぶらぶらデート

夜にライトアップされる美浜のアメリカンビレッジは、夜が圧倒的におススメ!ここでベンチに座りながら、さきほどテイクアウトしたタコスをほうばるのも良し。オシャレなお店に入って、食事を楽しむのも良しです。

ここは非常に区画整理されているので、ぶらぶらするだけでも非常に楽しいです。お店も沢山あるので、気になったらところがあったら、寄ってみると良いでしょう。全体的にアメリカンビレッジと言うだけあって、アメリカンな感じのお店が多いです。

20:00 サンセットビーチにて二人の時間を楽しむ

時間帯は、日が落ちてしまう前の18時~20時までに行くのがベスト。これは時期によって変わるので、全体的に少し早めて、18時ぐらいに着くのもありですし、アメリカンビレッジの前にここに行っても良いですね。

サンセットビーチは、非常に景観を大事にしていて、ゴミ一つ落ちていません。またここは朝に行くとジョギングをしている外国人の方をよく見ます。夜に行くと幻想的な海の景観を楽しむことが出来、暑い沖縄には時間帯的にこの時間帯が良いんですね。BBQなんかもやっているグループも見ることが出来るはずです。

22:00 解散または次に続く

いかがだったでしょうか。一例ではありますが、基本的なコツは日中はイベント会場の中で楽しむ、夕方からは出るというのが基本的なスタイルです。朝は沖縄ワールドの他にも水族館なども良いですね。同じような流れだと疲れますので、大体1日遊んで1万円ぐらいかなというところで選定してみました。

夜はまだまだ終わらない

健康的な解散では大人のデートには少し足りない…ということを見越して、ここからは車を返して国際通りの方に向かいましょう。

国際通りには表は観光客用のお店が立ち並びますが、裏通りでは地元の人が行きかうスポットになっています。有名なのが、「屋台村」です。

屋台村は2015年にオープンしたその名の通り屋台が沢山立ち並んでいるエリアです。夜は23時あたりまでやっています。賑わいも凄いですし、店内もおしゃれなお店が多く、屋台という印象を受けないですね!

さてさてこれで終わりですが、もう少しディープなところで攻めたいあなたに向けてご紹介するとしたら安里ですね。この辺はディープすぎて県民しか行かないスポットです。国際通りの若者中心のエリアから一気に沖縄感が出てきます。まぁ本来の沖縄を感じたい人であれば覗いてみるのもありかもしれません。

ちなみにドライブの途中でラウンドワンなんかでボーリングのデートも挟んでも個人的には楽しめるのではないかなと感じます。女子旅でも楽しめるチョイスにしてみましたが、こんな感じで移動しやすい場所を選びながら、回っていくと楽しめるでしょう。